そういえば

月刊アクアライフに

 

メダカは上から入る光と下から入る光の差によって体色を変化させている的なことが書いてありました!(要約しすぎてたらごめんなさい(_ _))

 

この前少し書いた

 

メダカは日焼けするというのと同じ理屈なんでしょうか?

 

それとも日焼けは日焼けで、光のギャップはそれはそれで1つの要因なんでしょうか?

 

結局、屋外で育ててるのでそこの違いはあまりわかりませんが

 

より日光が当たる所に置いているメダカの方が柄は強く出る気がします!

 

というか、アパートに引っ越してきてベランダで飼っているメダカはあまり色が出ない気がしてます…

 

最近あまり良いメダカの写真が載せれない言い訳でした!(・∀・)